読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGC2016を振り返って

どうも、WCSで無様に負けたHideto Kotake HN Liarです。

 

負けたからこの記事の需要はないと思われますが、自分への戒め、今後の生活への切り替えのためにVGC2016を振り返る記事を書きたいと思います。

 

VGC2016ルールが伝説のポケモンを2体まで入れられるGSルールだと発表されたのは去年の12月頃でした。

 

僕はその頃全国ダブルのレーティングでとてもいい調子だったのでこのルールが発表されたときはふざけんな糞がって思いました。

 

しかし、オンラインの非公式大会グロリアクラシックの最初のGSルールの大会でベスト4に入ることができました。

INC januaryでグラゼルネゲンガーコントロールを使い1位を取ったときは我ながら自分の才能が恐ろしいと思いました。

 

ですが、このルールはそう甘くありませんでした。グロシック本選で思ったより勝てず、INC Marchの結果もかなりいまいちでした。

このままではジャパンカップの予選も抜けられないと僕は焦りました。

とりあえず、showdownやレートに何度も潜り対戦数を重ねました。しかし、GSルール全体のレベルが上がっているのかなかなか勝つことはできませんでした。

 

そこで僕はいろいろとテキトーに組ませて構築を試すことにしました。

テキトーに構築を試した過程でレックウザニンフィアの組み合わせが非常に強いということがわかりました。

テキトーに試した結果一番勝ててる組み合わせがジャパンカップ本選で優勝したグラッレク軸でした。最初は相手が同じ動きしかしてこないこともあってかピンポイントな合わせ技でも勝てていましたが、次第にうまくいかなくなり、自分で一番勝てる動きを探しました。そうやっていくうちにグラレックドーブルニンフィアがだんだんいい形になっていきました。

 

そしてジャパンカップ予選前にサブロムを購入、そしてジャパンカップ予選いろいろと不穏が立ち込める中、自分が今まで頭をフル回転させてやってきたことを信じて戦いました。途中何回か負けて何度も弱気になりましたが、俺は今年絶対に世界を取るんだ、こんなところで負ける訳にはいかねえって自分に言い聞かせて何度か気合いで勝った試合もありました。それでなんとかボーダーは超えただろうというレートにたどり着き結果を待ちました。

そして、予選抜けが確定したとき僕はとても嬉しかったです。自信は充分にありましたが、去年予選を抜けられなかった悔しさを晴らせてとても喜びました。

ジャパンカップ予選を抜けた後もグラレック軸を練習しました。予選でもいろいろ学んだことはあって、技構成や立ち回り方をいろいろ変えました。

 

そしてジャパンカップライブ大会当日、僕は目の前の1戦1戦に自分が今まで積み重ねたすべての物をぶつける、相手を殺す気で戦うそんな真剣な気持ちで試合に望みました。決して相手を自分より格下だと思わず殺意を持って頭は冷静に1手1手を選択。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺は強かった..........日本一になった。

今年は絶対に世界1になるって思いでずっとやってきたけど、そのときはまさかここまでうまくいくなんて思っていませんでした。優勝時のインタビューも何言うかなんて、試合に集中していたので全く考えていなかったら、インタビューをされずに大会が終わってしまいました。

 

その後ツイッターでエゴさしたらみんな俺を応援していてくれたんだなって嬉しく思いました。

 

そして、時が経ちいよいよ世界大会DAY2。

絶対に落とせない初戦の試合 相手はワタッコクロバ入りグラゼルネ、相性的には悪くない相手。

しかし、初手からめちゃくちゃ強気な相手のプレイングに圧倒されてしまいました。2戦目は最後グラードンのどうそくげーまで持ち込みましたが、それで負けました。敗因は絶対に負けられないが故の弱気なプレイング、相手に殺意を持って殺す気でプレイできなかったこと。1手1手読み負けるたびにガッツポーズを決められて悔しかったからか2戦目からは1戦負けた相手と戦えることもあり、強気で相手を殺す気で殺気をたてながら戦えて、2戦目は同じ日本人を殺すことに成功しました。3戦目は完全に自分のパクリパーティ、立ち回りも相手は俺のプレイングを真似ていたかんじでこういうのとは気持ちとパーティに対する愛で勝つつもりで勝ちました。4戦目はグライベルが相手ジャパンカップ決勝と同じ感じで気合という名の運で1戦目を取りそのままの勢いで勝ちました。5戦目はbigB、相手が運でも立ち回りでも上でした。この時点で自分は精神的にかなりダメージを受けていました。俺、負けるのか・・・。

6戦目は非常に言いたくないんですけど、1試合目取ったあとの2試合目でプレイングミスをしてしまい、顔面が真っ青になりました。今までプレイングミスだけは絶対にしないようにしていたのにここでやってしまった。しかし、なんとか切り替えて3試合目でなんとか読み勝ちました。

 

そしてスイスドロー最後の戦い..……

なんとモニターの席に呼ばれて試合をすることになりました、この大事な大事な場面でモニター…緊張感が半端ない、モニターの席には通訳の人がいて、3DSの充電がなくなりそうだったのでモニターDSで試合をすることに、そして相手のパーティを見た、ゼルネレックズキンウインディエルフギャラ、なんか見たことあるぞと思いました、そして試合が進んでいくに連れて気づきました、このパーティは自分が上位に上がってこないだろうとタカをくくっていた自分の苦手とするパーティであることを…1戦目はなんとか勝ちました、しかしぎりぎりでした…ぎりぎりで相手が負けたので相手の動揺とミスを期待しつつ2試合目に行きましたが相手の揺るぎないメンタルから全てを冷静に対処されて負けました…そして分かってはいたけど相手のゼルネレックがめちゃくちゃ硬くてこちらにゼツボウを味わわせるほどでした、僕はエースポケモンの火力を削ってまで耐久に降って調整するというのは嫌いだから絶対にしないんですけど、そのこだわりは間違ってるとでも言われたような無様な負けを喫しました、そして3戦目に入ると疲れが出てきたのかうまく頭がまわらなくなりました試合前に深呼吸をして心を落ちつかせることも忘れていました、それでも絶対勝つぞという気持ちはまだ生きていたので、神よ我に力をと言わんばかりに選択肢を押し願うばかりの試合でした、ドーブルのむらっけだけが頼りだったが、俺の期待にドーブルは答えてくれなかった、いや今まで俺は運や気合いを使って勝ってはきたけど、それにすがってはいなかった。だが、最後の最後で俺はすがったんだ運や気合いに…自分のこだわりを否定され、追い詰められたこの状況、今までなんとか誤魔化してきた自分の心の弱さが出てしまった…。俺はニートで社会不適合者…日本1なんて看板を背負えるほどの立派な人間じゃない…もちろんそのときはそんなことは考えていない、ただただ必死だった、だが心がどこか逃げていた…相手の方が強いけど、今は勝たせてくれなんて対戦とは別のとこで思っていた、自分の弱さを誤魔化したいつもの俺なら勝たせてくれなんて思わない、ここでむらっけで回避上げて避けてやるぐらいの気でプレイしてたはずだ。

 

そして最終的に勝負は負けた、最後まで諦めはしなかったが、心がどこか逃げていた、試合後に握手を求められても俺はそれにすぐに応じることはできなかった………

 なんとか自分にムチうって握手をするも俺の精神はかなり乱れていた。

通訳の人から落ち着くまでここでゆっくりしていて大丈夫ですと言われた、そう言われなくても俺はしばらくあの場から動けなかっただろう、しばらくボーッとしてからようやく自分を取り戻し、トイレで泣いてすっきりしようって思った。

 

だが、トイレに1人でこもってどんなに泣こうと思っても泣けなかった…今までの人生でこれほど悔しかったことはないのに…あとになって俺は何故自分が泣けなかったか考えた…自問自答を繰り返した結果何故泣けなかったか、ある結論にたどり着いた、俺はまだまだ強くなれる、俺はこんなところで終わらねえ、最後に自分の弱さで負けたってことはまだまだ強くなれるということを示している。また新しい世代になって今の0の弱い自分からいくらでも強くなれるんだ。早くゼロからのスタートを切りたいサンムーンがやりたいと思った。

【メール便送料無料】 「Re:ゼロからはじめる異世界生活」OPテーマ~未定 / 鈴木このみ [CD DVD][2枚組][初回出荷限定盤] 【J2016/5/11発売】

価格:1,944円
(2016/9/7 11:22時点)
感想(0件)

 

 

ゼロから始めるポケモン生活